神戸市・明石市で相続・遺言の相談はお任せください

神戸・明石で相続・遺言の相談は垂水の司法書士へお任せください

神戸・明石 相続・遺言相談室

運営 あじさい司法書士事務所
神戸市垂水区舞子台6-20-23レシア舞子403
 

078-783-7355

営業時間

平日9:30~19:00
土祝日の相談も受付中

お気軽にお問合せください

相続による登記・名義変更

銀行口座の名義変更

銀行口座の名義変更

被相続人が死亡し、相続が開始して遺産分割協議が成立するまでの間、亡くなった方の預貯金は、遺産として相続人全員の共有財産となります。

ですから、一部の相続人が亡くなった方の口座から勝手にお金を引き出したりしないように、金融機関は預金口座の名義人が亡くなったことを知ると、その口座を凍結して取引を停止させます。(引き出しや入金もできなくなります)

このように凍結された預貯金の払い戻しができるようにするための手続きは、遺産分割が行われる前か、行われた後かによって手続きが異なります。

※事前にそれぞれの金融機関に確認が必要となります。

遺産分割協議前の場合

遺産分割前の場合には、以下の書類を金融機関に提出することになります。

  • 被相続人の相続関係を確定できる戸籍関係書類一式
    (出生から死亡までのものすべて)
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明書(3ヶ月または6ヶ月以内)
  • 金融機関所定の届出書 相続人全員が署名・捺印(実印)します。
  • 被相続人の預金通帳(または証書)・届出印・キャッシュカード

金融機関によっては用意する書類が異なる場合もありますので、直接どのような書類が必要になるのか問い合わせる必要があります。

遺産分割協議後の場合

以下の書類を金融機関に提出することになります。

  • 遺産分割協議書
    相続人全員が署名・押印(実印)します。
  • 被相続人の相続関係を確定できる戸籍関係書類一式
    (出生から死亡までのものすべて)
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明書(3ヶ月または6ヶ月以内)
  • 金融機関所定の届出書
    遺産分割協議で定められた相続人が署名・捺印します。
  • 被相続人の預金通帳(または証書)・届出印・キャッシュカード 

金融機関によっては用意する書類が異なる場合もありますので、直接どのような書類が必要になるのか問い合わせる必要があります。

遺産分割をどのように済ませたかにより、手続きは異なりますので事前にしっかりおさえておきましょう。

遺言に基づく場合

以下の書類を金融機関に提出することになります。

  • 遺言書
  • 遺言検認調書(公正証書遺言以外の場合)
  • 遺言執行者選任審判書(遺言書で指定されていない場合)
  • 遺言執行者の印鑑証明書(3ヶ月または6ヶ月以内)
  • 被相続人の死亡を確認できる戸籍(除籍)謄本等
  • 金融機関所定の届出書
    遺言執行者が署名・捺印します。
  • 被相続人の預金通帳(または証書)・届出印・キャッシュカード

*被相続人の相続関係を確定できる戸籍関係書類一式が必要な場合があります。
(出生から死亡までのものすべて)

金融機関によっては用意する書類が異なる場合もありますので、直接どのような書類が必要になるのか問い合わせる必要があります。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

初回相談無料。初期費用原則不要。

078-783-7355

受付時間:9:30~19:00 土祝日の予約も受付中

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

078-783-7355

平日9時30分~19時
土祝日も予約も受付中
メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

代表プロフィール

代表者 司法書士 原辺健一
資格

・兵庫県司法書士会会員

・簡裁代理権認定

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

ご連絡先はこちら

住所

〒655-0046
神戸市垂水区舞子台6-20-23レシア舞子403